引越前に古本買取で一挙両得

読書が好きな人にとって、本はいつの間にか貯まってしまうものです。蔵書は財産の一部ではありますが、引っ越す時には、その重さから負担になる面があることは否めません。そんな場合には、もう読まない蔵書を古本買取に出すのが賢い選択となります。引っ越しの荷物を減らすと同時に、お小遣いを手に入れることができるからです。古本買取には一定のルールがあって、売れないものも存在します。例えば汚れがひどいとか、カバーが付いていないとか、日に焼けて黄ばんでしまったものなどは、業者も引き取ってくれません。ただし黄ばんだ本に関しては紙ヤスリを丁寧に掛けることで復活し、売れることもあり得ます。

古本買取は多くの業者が手がけています。どこも査定をしていますが、同じ本でもその金額が大きく違ってくることがあります。実際に売るときには、複数の業者に見積りを依頼すると損をすることがありません。一番手軽なのは、ショップに直接持ち込むことです。冊数にもよりますが、それほどかからない時間で金額が判明します。納得いく金額であれば、その場で現金を手にすることができます。本によっては高く売れるものがあり、これまで眠っていた蔵書が思わぬ現金になることもあります。例えば全巻が揃っているコミック本は、売る側にとってもありがたい商品ですから、1冊づつ古本買取に出すよりも、まとめた方が大きな金額になります。人気作家のベストセラーも、すぐに売れる品物ですから、買い取り価格が高くなります。大学の教科書や参考書などもニーズがあるので、高くなる可能性があります。意外に値段がつかないのが百科事典です。内容がどんどん更新されることから、古いものは価値が下がってしまうからです。最近の古本買取は、ショップに持ち込まなくても郵送や宅配便を利用した売却もできるようになっています。ダンボール箱いっぱいの本をショップに持ち込むのは、男性でも重労働ですし、非力な女性では断念することもあり得ます。

しかし郵送での買取であれば、宅配業者が家まで取りに来てくれますから、楽に送ることができます。読書が好きな人は多いのですが、新しい本を買うのは経済的に難しいという人も多くいます。それだけに古本ショップが繁盛しているわけで、在庫を求めて買取に積極的になっているのです。本は収納場所も取りますから、もう読まないのであれば、処分をしてスペースを開けるとともに、現金を手にするのが、一石二鳥のいい選択と言えます。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*