古本買取のお店に行く

本を読むのは大好きなのですが買うと後の保管場所に困ります。読んですぐまた読むかもしれないと思い大事にとっておくとだんだんたまり場所をとり困ったものです。先日大掃除をしたときに、なかなか手放せないでたまっていた本を処分することにしました。もっと早くに古本買取のお店に持っていっていたらもっと高値で買い取ってもらえたかもしれないのにとつくづく思います。保存状態は良好です。たからといって高値で買ってもらえることを期待するととても残念な結果になることが多いです。あまり期待せず廃品回収に出すより少しお得と思うぐらいにしとかないと落ち込みが激しくなります。

少しでも高値で買い取ってくれるお店はどこか情報集めから始めました。インターネットで調べるとたくさん出てきました。聞いたことのあるお店や全く知らないお店、全国たくさんあるのだと感心しました。それぞれ得意分野があるようです。どのお店がどんな本の古本買取がとくいなのが、また手軽に利用できるお店はどこなのか、査定してもらった後返却にはどのくらいのリスクが売る側にあるのかなど調べているサイトもありました。どれもこれも初めてのことでどうしたものか迷いました。今までは路面店で買い取りしてしてもらったことはあるのですがインターネッとで取引したことはありませんでした。古本買取を依頼すると、運送業者が本を引き取りに来て数日待てば査定額を知らせてくれ、納得がいく価格ならそのまま買い取ってもらい現金が振り込まれると言う流れがほとんどです。しかし買いとれない本もありますと表示されていてシミや折り目などと書いています。どのぐらいのシミなら許されるのかも良くわかりませんでした。またとても古い本については古いがうえに価値がでてきてる本もあるようです。人の価値観はさまざまです。こんな本古すぎて売れないだろうと思っているものが思わぬ高値のこともあります。

やはり専門家の人に見てもらうのが一番賢いのだろうと思います。いろいろ調べているうちにどれが良いのかわからなくなりました。だんだん面倒になり結局しばらくそのまままた放置状態が続きました。短時間で何とかしたいと思うようになり手っ取り早く古本買取のお店に持っていくことにしました。やはりこれが一番私にとって面倒ではない方法でした。予想通りほとんど10円程度の価格がついたぐらいでたまに20円というのがありました。はじめからわかっていたことです。でも部屋が片付いてすっきりしました。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*